人気ブログランキング | 話題のタグを見る


お知らせが遅くなりましたが、
CONFORT No175号 30周年記念号 「空間をつくる名職人60」
に掲載して頂きました。

遅ればせながら30周年おめでとうございます。

CONFORT No175号 掲載して頂きました_f0375580_16385909.jpg

社長曰く
「腕の良い職人さんが沢山いる中、大変恐縮してしまうが、、、。
簾戸やシンプルな障子が好きで、長年作ってきたが、
昔からある普通の建具ゆえ、一見目立たない存在であった。
その建具の良さが認められたようでとても嬉しい。」との事。

励みになります。本当にありがとうございました。


CONFORT No175号 掲載して頂きました_f0375580_16390792.jpg

CONFORT No175号 掲載して頂きました_f0375580_16390294.jpg

CONFORT No175号 掲載して頂きました_f0375580_16390559.jpg
職人語録や、対談、素材図鑑など素晴らしい特集の数々で、永久保存版です。

コンフォルト
https://confortmag.net/



# by takahashi-tategu | 2020-10-16 17:03 | イベント・お知らせ | Comments(0)

襖兼用の簾戸

襖兼用の簾戸_f0375580_14013889.jpg
襖と兼用できる簾戸。
墨田区の千紫庵様に納品させて頂きました。

障子兼用は作ったことがありましたが、襖兼用は初めてでした。
中を入れ替えるだけで良いので、取替えが楽で、収納場所も少なくてすみます。


襖兼用の簾戸_f0375580_14013092.jpg
↑簾戸の時

襖兼用の簾戸_f0375580_14013554.jpg
↑襖に入れ替えた時

お茶室の雰囲気も相まって、とても素敵に納まりました。
ご注文ありがとうございました。





# by takahashi-tategu | 2020-07-15 14:08 | 建具の紹介 | Comments(0)

簾戸の押え竹 

朝、加治川へ散歩に行ってきました。
鳥の声があちこちから聞こえてきます。
遠くの山にはまだ残雪が。

簾戸の押え竹 _f0375580_12243299.jpg


工場では、簾戸の桟の部分に使う「押え竹」を作る作業。
竹割りで粗く割った後、中のワタをとり、縁を真っ直ぐに削りきれいにします。
簾戸の押え竹 _f0375580_12245539.jpg



新潟は緊急事態宣言が解除されましたが、お住いの地域はどうでしょうか。
解除されたとはいえ、なんとも心配な日々が続きます。
コロナ疲れといった言葉も聞かれます。
どうぞ、お体くれぐれもお大事になさって下さい。




こんな時だからか、自然の美しさに身にしみます。
簾戸の押え竹 _f0375580_12245203.jpg

簾戸の押え竹 _f0375580_12244919.jpg


簾戸の押え竹 _f0375580_12244487.jpg




# by takahashi-tategu | 2020-05-23 12:33 | 建具の紹介 | Comments(0)

明日12月28日、2019年の仕事終わりです。


本年もお世話になりました。


新年は1月6日が仕事初め。
来年もよろしくお願いいたします。

本年もお世話になりました_f0375580_16544380.jpg

写真は、今年の4月に94歳で亡くなった高橋建具製作所の初代、高橋嘉奈衛が手掛けた和室です。

(大工工事は総和建設、現社長も建具を作ったそうです)

今も、社長の自宅として使っています。




# by takahashi-tategu | 2019-12-27 16:55 | Comments(0)



茶室の茶道口は、紙を両面くるむようにして張る「太鼓襖(たいこ)」がよく使われます。


引手(手のかかるところ)を、紙を切り込んで作る「切引手」にしますが、
この「切引手の高さ」について、茶室を作る時、悩まれる方が多いようです。


いくつかの流派の茶道口を作らせてもらいましたが、4つの方法がありました。

①両方塵落とし
②塵落とし・塵受け
③同じ段に塵落とし・塵受け
④同じ段に両方塵落とし

【茶室】 襖 引手の高さ _f0375580_14155473.jpg


【茶室】 襖 引手の高さ _f0375580_14161707.jpg



【茶室】 襖 引手の高さ _f0375580_14164123.jpg



【茶室】 襖 引手の高さ _f0375580_14164726.jpg



引手の高さは、図のように襖の下地になる「骨組み」で決まります。
小間の茶道口の一般的な大きさは、巾2尺2寸、高さ5尺。
下地として、縦2本、横13本の骨組みをします。
均等に割り、5段目が席側、6段目が外側(水屋や廊下)とする事が多いです。(5から7段目の間)

何ミリというように高さが決まっているわけではなく、骨組みの何段目か?で高さがでます。




斜めに切ってある方を「塵落とし」、水平になっている方を「塵受け」と呼んでいます。
その組み合わせと、位置関係で4通りあります。


どれが正解というのはなく、「おすすめは?」と聞かれた際には、
「先生と同じ方法が良いようです」とお答えしています。

目が慣れていて、しっくりくるからです。




①の両方塵落とし 施工例
【茶室】 襖 引手の高さ _f0375580_14392178.jpg

↑席側5段目



 
【茶室】 襖 引手の高さ _f0375580_14375398.jpg

↑外側6段目




②の塵落とし・塵受け 施工例
【茶室】 襖 引手の高さ _f0375580_14413016.jpg

↑席側5段目 塵落とし



【茶室】 襖 引手の高さ _f0375580_14413556.jpg
↑外側6段目 塵受け




大きめの茶道口もあります。
その際には、引手の大きさを勘案し、骨の本数を決めます。


また、引手を小さくする場合もあります。
「引手部分の下地」に小さく形を作ります。


この「引手部分の下地」について、次回ご紹介します。


(以前書いたブログを修正し、再度アップしました。
前回はあやふやな点も多く大変失礼しました)



有限会社 高橋建具製作所




# by takahashi-tategu | 2019-09-14 15:18 | 茶室・茶道 | Comments(0)