人気ブログランキング |

季節のしつらい  重陽の節供

重陽の節句は、今は、菊祭りくらいで、地味な節句ですが、昔はめでたい日として


盛大に行われたそうです。(9が重なる重日思想の縁起の良い日)




菊の花に、真綿をかぶせて、夜露で菊の香をしみこませて、


女官たちは、それで体をふいたのだそうです。。。



なんとも、優雅で素敵ですね~。(うっとり(*^。^*))




うっすら真綿がかかっています。


f0375580_17070449.jpg


写真は、先生が活けたものです。しつらい教室でも、丸くなるように、菊を


短く切ってオアシスにさしていきました。


菊は、お墓参りの地味なお花だと思っていましたが、こうして活けると


とても可愛いですね。



菊慈童(きくじどう)をモチーフにした展示。


罪をおかした侍童が、菊の露を飲んで、不老不死の仙人になった中国のお話。


f0375580_17070421.jpg




菊酒 (菊を浮かべたお酒を飲みながら、詩を詠んだのだそうです。)

f0375580_17070434.jpg





季節の恵みも飾ります。

f0375580_17070551.jpg







(写真は、昨年のしつらい教室のものです。)




by takahashi-tategu | 2011-08-30 15:34 | Comments(0)