【木でものをつくる楽しさ】






10月の2425日と新潟職業能力開発短期大学の文化祭、


『ポリテックエキシビジョン2015』にて、


銘々皿を作るWSを行いました。




f0375580_17105236.jpg






まず私は、「銘々皿ってなんや?」ってなりました。


調べてみると、食事やおやつの時間に大きな皿から自分の分を採り分ける小皿のようです。




簡単に作り方を説明すると、


墨をつける


木を切る


毛引きで線を引く


鉋で面をとる


の、この4行程です。




f0375580_17105375.jpg




皆さん、③まではすらすらと進めていきますが、④が難関でしたね。


鉋を持つのは初めてという方がほとんどで鉋の重さにびっくりしていました。


「明日、筋肉痛になる~。」と小学生は声をあげていました。




やっている間は皆さん夢中で、


子供がしていたのに、いつのまにかお父さんが黙々としていたり、


けずっては見て、けずっては見て・・・と手が痛いのに納得いくまでやる子がいたり、


とても真剣な顔つきで鉋をかけていました。


しんどいけれど、真剣に楽しくものを作れることってとってもいいことだなあと改めて感じました




また、力を入れ過ぎて繊維方向に木が割れたり、


水洗いしたら何度でも使えることを知ったり、


杉の香りをいい匂いと思ったり、


木の繊細さや良さを感じていただけたのかなと思いました。




小学生以下の小さな子どもから、大学生、お父さんお母さん世代、


おじいちゃんおばあちゃん世代の方まで、


幅広く参加していただきありがとうございました。


今回つくった銘々皿で、誰かと机を囲み、


一緒に笑顔になれる時間をつくっていただければ嬉しいです。




f0375580_17105357.jpg





10月新潟の寒さに圧倒されています。


関西からの見習1年目


松浦


[PR]
by takahashi-tategu | 2015-10-29 12:26 | イベント・お知らせ | Comments(0)

出前授業

【七葉小学校で「職」ついてお話しました】


おはようございます。
4月より入社しました、見習いの松浦と申します。
これからちょくちょくここに現れますのでよろしくお願いいたします!






一昨日、2015年9月28日は新発田市内にある、
七葉小学校に御邪魔して、4年生のみんなに
「職」についてお話させていただきました。




同じく、新発田市内にあるイタリア菓子店の方、
花屋の方も一緒で、
その方たちの「職」についても聞くことができました。




社長は、
「木は生きているんです。立っている状態の木、
そして、切った木でも木は呼吸していて、湿気を吸うと膨らみます。 これはとても大事なことなんです。」
と子どもたちにお話ししました。




無機質なものが多くなっている時代ですが、
木に触れ、自然やものを大切にする心が育っていくといいなと思いました。


また、質問タイムもあり、




「どこが一番難しいですか?」 という問いに、
「とても細かいところ。小さな部分だけど、
そこを丁寧につくると全体を見たときにも綺麗になるし、
そこをおこたると、 全体を見たときになんだか不格好になってしまうんです。」
と、応えていました。




そして最後。
「1日1日の積み重ねが大事。 我慢強く努力していれば、
その分自分の力になる。」
と伝えました。




イタリア菓子店さんはもの作りの楽しさを、
花屋さんは花が持つ人を幸せにする可能性を
生き生きと話されていました。




どの職でも大切なのは、整理整頓、継続すること、人を思いやること... と、人生において大切なことばかりだなぁと感じました。 「大変なことも辛いこともある。」
そんなお話しを、まっすぐで純粋なまなざしで聞いている
子どもたちは 一体何を思っているのだろうと
子どもたちを見ていました。




ちゃんと伝えれたかはわかりませんが、
私たちの想いが少しでもミライに繋がっていけばいいなと思いました。




一緒に給食も食べれてとても楽しかったです。


子どもたちにお話しする機会を作ってくださった七葉小学校様、
お話しを聞かせてくださったイタリア菓子店さん、花屋さん、
そして、キラキラの笑顔を見せてくれた子どもたちに感謝です。




長文になってしまいましたが、読んでくださった方、
ありがとうございます。
書き方など、今後役立てたいと思いますので、気軽にコメントいただきたいです。


マツウラ




[PR]
by takahashi-tategu | 2015-10-01 15:00 | Comments(0)