2月21日は、茶室建具のワークショップでした。



10名様の満員御礼で、外国の方が2名もいらっしゃってとても盛り上がった会となりました。


ご参加の皆様、ありがとうございました(^O^)






以下、ワークショップの記録です。




茶室建具というと、特別なイメージがありますが、そんなことはなく、茶室には障子もあり襖があり板戸がありますが、住宅にも障子があり襖があり板戸があります。





建築の方は詳しくないのですが、茶室は、そんなに大きな建物ではありません。そこに普通の住宅の建具を持っていったらバランスが悪いですね。その繊細さにあった建具、あえて茶室建具というならそんな建具の事をいうのだと思います。





茶室に使う材料ですが、杉が多いように思います。





杉の色は人間の精神がリラックスする、そんなところが茶室に合うように思います。




建具の厚みについて。


茶室は、鴨居と敷居も小さいので、そこに1寸30mm)


普通の住宅に入れる建具を入れるとごつく感じます。




「4・5」  「3・5」 茶室はこの2つが多いです。


島が4分(12㎜)溝が5分(15㎜)建具の厚みが8分(24mm)


島が3分(9㎜)溝が5分(15㎜)建具の厚みが7分(21mm)





f0375580_17103287.jpg







                  


建具は平面なんですけど、少し斜めからみると立体に見えて、厚みが建具の見え方の印象において重要になってきます。









茶室建具は、内山和紙・美濃和紙の寸法が基本になっています。


丈93分(282mm) 巾133分(400mm)




障子はこの和紙の寸法に合わせて桟の位置を考えると、無駄なく美しいプロポーションになります。





千鳥張り(和紙を継ぐ位置)は、たとえば引き違いなら、2枚たった時の全体のバランスをみて張り方を決めます。




紙の継ぎ目は、茶室なら5厘(1.5mm)が合うように思います。





部材の寸法が1mm違うと、イメージが全く変わってきます。1mmを大事に考えると、その場にしっくりした建具ができるかと思います。




建具を考えるとき、本当は原寸が理想です。私は1/10で書いていますがCADは使えないので、ドラフターで書いています。


(手書き派の参加者の方がいて、社長と意気投合しまていました。)





すべて一律で考えずに、背の高さや茶室の雰囲気で調整していくと良いと思います。








襖は、桟を組んでそこに紙を張り重ねていきます。


何が一番大事か?というと、襖の隅々が一番大事です。横にチイがはいっています。そうすると、ねじれをふせいで、紙の引っ張りをとめます。




表具屋さんから借りた本に、




「この襖はその茶室のごとく素朴な精神が生かせなければならない」




「引手姿なども勘案してその数を割出す」




「骨は透影(すきかげ)が武骨にならないこと」




とありました。




本襖は、障子の桟のような骨に紙を張り重ねて、その骨にあわせて引手の位置も決まります。下地である骨も武骨にならぬよう、とは茶室らしく恰好良いなと思いました。























































[PR]
by takahashi-tategu | 2015-02-25 17:57 | ワークショップ | Comments(0)

神戸へ行ったのは、竹中大工道具館で開催される


中村昌生先生の講演「日本の伝統建築の真・行・草」と
先生と大工の升田志郎棟梁の対談を聞く為です。


会場は熱気にあふれ、作業服を着ていなくても大工さん
だとすぐにわかる眼光鋭い大工さんも大勢来ていました。



立ち見の方も大勢で会場に入りきらない程でした。



f0375580_17103265.jpg





f0375580_17103370.jpg



しびれる話のオンパレードだったのですが
そこでの話を少しご紹介します。


「草のパラッとした表現をするのにいかに技と感性をそそぐか?」


「真があって行があって草がある」


文字も楷書があって行書があって草書があるように
茶室だけ勉強しても駄目。基礎をしっかり学ぶ事が大事。



中村先生の本は会社に沢山あって読んだ事もあるのですが
ご本人からお話を聞くのはまた格別でとても濃い時間でした。



竹中大工道具館の展示も素晴らしかったです。



中の写真を掲載してよいか聞くのを忘れたので


写真はないですが、心から技術を残したい、継承したい


という思いがつまった場所でした。




原寸大の茶室があり、作り方がわかるように途中で作業を


とめてあります。




また何度でも訪れたい場所でした。



http://www.dougukan.jp/


[PR]
by takahashi-tategu | 2015-02-10 13:30 | Comments(1)

初神戸!

週末に神戸へ行ってきました。


初神戸です。



遠いのだろうなと思っていたのですが、


夜行バスでうとうとしているうにち大阪へ。


大阪から快速で5つほどで神戸に着きました。



思ったより近かったです。



f0375580_17103354.jpg




今回は日帰りで時間がなかったのですが


せっかくなので異人館街へ。



こんなに!というくらい急な坂が多くてびっくりしました。





うろこの家


f0375580_17103483.jpg






パワースポットも、急いで3つまわってきました。




坂の上の異人館 


狛犬の間を行き来すると幸運に。


何回か往復してみました。


f0375580_17103437.jpg





山手八番館

2つ椅子があり、女性は右の赤い椅子に座ると幸運に。


座ってきました!


良く見ると、肘掛に子供の彫り物が。

f0375580_17103456.jpg






うろこの家


イノシシの鼻を触ると幸運に。


鼻のところだけピカピカになっていました。


悩ましいポーズ。


f0375580_17103441.jpg






神戸フォト!

f0375580_17103501.jpg









f0375580_17103570.jpg








f0375580_17103528.jpg








f0375580_17103595.jpg








f0375580_17103638.jpg









f0375580_17103650.jpg







[PR]
by takahashi-tategu | 2015-02-10 13:12 | Comments(0)