<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

建具BOOK

11月の1.2.3日に横浜、三渓園で開催される 「霜月・手の仕事」 


で配布するために「建具BOOK」 を製作中です。



f0375580_17094509.jpg



建具BOOK (裏タイトルは、女の子・建具BOOKなのです・・。)



40歳をすぎて、声を大にして言えないのですが、


建具のキュンとする感じ♡



建具相談で、あれこれ、きゃっきゃっと、


女性のお客様と話をして、すごく楽しかったので、そんな雰囲気。




たとえて言うなら、和菓子のような、形の美しさ、


奥深さ、季節感などが伝わる建具BOOKにしたいなと思います。




イベントまで、あと少し・・・急いで仕上げます(^O^)/


[PR]
by takahashi-tategu | 2013-10-23 16:55 | Comments(0)

琵琶湖のヨシ

設計事務所さんと、琵琶湖のヨシの事を知るために、滋賀へ行ってきました。



f0375580_17094610.jpg



品質の良いヨシが少なくなってしまったのだそうです。



原因は、琵琶湖の埋め立て。


西湖に良質なヨシが沢山あったのですが、埋めたてたことで、


水が滞り、水質が悪化し、ヨシのきれいな色が出なくなってしまった。




あのなんともいえない品のある色と艶。


やっぱり上等と言われるものは、とても美しい。




解決するのは、水質を改善するしかないのだけど、


大がかりな工事になる。




f0375580_17094647.jpg




琵琶湖の帰りに、ヨシを編んでいる工場も見せてもらいました。




ご年配で、「いつまでも元気で、引退しないでくれよ」とすだれ屋さんが


言っていました。




美しいヨシが少なくなって、それを使った簾戸が作れない日がくるかもしれない。


現実を目の当たりにして、落ち込んでしまった。





帰りの車で色々考えるうちに、


時代、時代で、その時ある材料で、最善をつくせば良いと思った。




上等なヨシにこだわらなければ、使えるヨシは沢山ある。


そのヨシに合ったデザインの簾戸を考えればいい。


一緒に言った設計事務所さんの言葉。




その通りだ。そこから始まる。と思いました。




良い材料、悪い材料というのは、1つの基準からみると存在するのだけど、


また、ある側面からは、違った見方ができる。





「継続して、一緒に何かできたらいいね。」と話をした。




じっくり時間をかけて取り組んでいきたい。






















[PR]
by takahashi-tategu | 2013-10-02 20:12 | Comments(0)