<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

似て非なるもの

昨日、科捜研の女という沢口靖子さん主演のドラマを見ました!



とても面白かったのと、と同時に・・・・・とても考えさせられたドラマでした。



科捜研の女HP


http://www.tv-asahi.co.jp/kasouken/story/14/index.html




京都の老舗和菓子店の4代目が、何者かに・・・・・という話。



5代目になる予定の専務が、口論の末、4代目の頭をガツンとやってしまう。。。


専務が、その現場にいたかどうか?を証明するのに、作業台の上に並べられた和菓子と


ゴミ箱に捨てられていた和菓子を調べる。




見た目も、成分も全く同じ。ただ、味が違う。



その違いは・・・


『作り方』 だったのです!!



4代目のセリフでもあったのですが、『似て非なるもの』




ふわり、と包んでいるのと、少しひっぱって包んでいる、ただそれだけの違い。


少しだけど、大きな違い。





ドラマの中で、



厳格な4代目が、今の世の中にあわせて、大量生産する工場をつくることを許したこと。



工場で使う、みりんや味噌が本店のものと違うことで、口論になったとき、専務が、


「この代替品を探すのだって大変だったんだ。」 と言ったこと。




「お客様は、そんな細かいところ気がつかない。」という言葉。




1つ1つ、痛いほど、身にしみました。





4代目の、厳格だけじゃだめなのか?という思いからの決断。



専務の、ずっと修行してきた和菓子店が大好きで、継続させたい、だけど、経営を成り立たせるのに、


今までと違うことも必要だという気持ち。



みんなそのお店が大好きな気持ちは変わらないのに、すれ違ってしまう。






高橋建具も、伝統的な仕事をしているところは、「今、どうしたらいいのか?」


みんな考えているのだと思います。




私も、経営のことを勉強しはじめてた時は、なんて非効率な会社なんだ!と思っていましたが、


どれも必要なプロセスで大事な作業だと、最近、わかるようになってきました。



まったく同じに見えるシンプルな障子。


でもそれは似て非なる障子。



ただし、経営をどうするか?という課題はまだクリアされていません。


無駄使いをなくしたり、もっとたくさんの人に知ってもらえるように、とかやるべき事はあります。



1つ1つ、できることを、まずはやってみようと思います。


[PR]
by takahashi-tategu | 2012-02-24 08:48 | Comments(0)

春の気配

大雪だった今年の冬。



晴れた日は、つららもとけて、春が近いことを感じます。




f0375580_17080153.jpg



[PR]
by takahashi-tategu | 2012-02-21 10:04 | Comments(0)

凍み渡り

朝、気温が下がり、凍み渡りができました。



雪は1mくらい積っていますが、表面がカチカチで、その上を歩く


ことができます。 雪が凍って、キラキラして、きれいな朝でした。




ジャスミンもおおはしゃぎ(^O^)/




いざ、出発!



f0375580_17080155.jpg




写真、撮るよ!はい、ポーズ。



f0375580_17080136.jpg





おーい!待って~。



f0375580_17080298.jpg




ダッシュ♪

f0375580_17080212.jpg





[PR]
by takahashi-tategu | 2012-02-21 09:52 | 看板犬 ジャスミン | Comments(0)

建具と気持ちの関係

今日は、気温は低いのですが、晴れ間のでる気持ちのよい日です。



そんな、冬の晴れに感じるのと近い気持ちを、30年くらい前に、建具を納品させてもらったお宅に


おじゃましたときに感じました。





家に入ると、とっても気持ちがいいんですね。


考えるより先に、頭が反応するというか・・・。どう表現すればよいかわからないのですが。




ありきたりの言葉で書くと、家のつくりと、建具がぴったりで、すっきりしていて、品のよい雰囲気。





こんな気持ちになる高橋建具の建具が、本当に大好きです。


でも、まだ、うまく説明できないし、図面化もできませんが、沢山、現場を見て、


できるようになりたいと思います。






そもそも、農家になりたかった私が、建築に興味をもったのは・・・・・・



短大があった場所が、世田谷区の経堂で、学校の帰りに街を見て歩くのが好きでした。


その中で、とても魅かれる家があったり、豪華そうなんだけど、なんとなくいやな気持になる家があったり・・。


どうして、そんな風に思うんだろう? それがきっかけで、建築の本を読むようになりました。



そこで、昔の大工さんの木割りとか、コルビュジェのモジュールとかで、きれいに見える寸法があること


を知りました。





高橋建具に勤めてから、納品した現場をみるたびに、とても魅かれました。



工場で見るより、現場にたつと、さらに、魅力が増すんですね。



きれいだなぁ~、と思いました。




茶室も、あぁ~って、心の底から気持ちのよいものと、そうじゃないものがあります。



その違いは、何でしょうか? 早くわかるようになりたいです。


(どなたか知っている方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。)


[PR]
by takahashi-tategu | 2012-02-16 12:20 | Comments(0)