<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏野菜の透かし彫り

簾戸の衝立版です。



昨年の夏、納品させてもらいました。



透かし彫りの柄が、夏らしいので、ご紹介します。



透かし彫りにしても、筆で書いたような、流れるような素晴らしい彫りですね。


夏野菜の元気でフレッシュなピチピチ感が、彫りから伝わってきます。 



彫師の先生は、絵もとても上手で、デザイン画も書いて頂いています。


世界に1つだけのオリジナル画です。


私も、お金を貯めて、絶対1つ彫ってもらって、家宝にしようと思っています(*^。^*)





f0375580_17065719.jpg





さやえんどう

f0375580_17065781.jpg





みょうが と かぶ

f0375580_17065735.jpg




きゅうり

f0375580_17065718.jpg



なす

f0375580_17065824.jpg



[PR]
by takahashi-tategu | 2011-07-27 16:33 | Comments(0)

ぬか漬け はじめました

ぬか漬け はじめました(^O^)/



酵母菌がダイエットに効くと、テレビで見たのがきっかけです。



ずっと、やりたいと思っていたところ、ネットで、『ぬか床1年生』 


というのを見つけて、ついにスタートしました。



糠(ぬか)と酵母菌と水をまぜるだけでいいので、簡単に始められました。


おすすめです。



写真は、赤ピーマンと黄ピーマンと長いもと、きゅうり、なす、にんじん。


とっても美味しかったです。(お通じも絶好調です)



f0375580_17065848.jpg



[PR]
by takahashi-tategu | 2011-07-27 16:02 | Comments(0)

お盆

季節のしつらい教室  『お盆』 




7月15日の満月の日を中心に、先祖をお迎えし、送る行事。


精霊(先祖の御霊(みたま))のお祭り。




お正月とお盆は対で、1年の半分の大事な節目で、一大イベントだったそうです。



お正月は盛大にしますが、お盆はお墓参りと夏休みといった感じですね。




しつらいは


・『なす』 と 『きゅうり』 を 『牛』 と 『馬』 にみたてたもの。


・『散華(さんげ)』 


・ほおづき


・夏野菜(白なすなど)


・真菰(まこも)の敷物・・・・・お釈迦様を真菰に寝かせて病気を治したという、邪気をはらうものと言われている。




f0375580_17065808.jpg




夏野菜(野菜もしつらいになると、始めて知りました。 季節の恵みに感謝し、祖先にお供えする。)


f0375580_17065946.jpg




散華(さんげ)

f0375580_17065995.jpg




7月1日 盆始まり(生霊 亡き祖先を祭る)


7月7日 新盆の飾りが始まる 


7月13日 お迎い提灯に火をつける。 


       煙によって、先祖が家に入ってくる。 


       その火をお仏壇のろうそくにつける。


7月16日 送り人 




燈籠流し も お盆の行事で 海や山へ精霊を送るもの。



大文字の送り火も 山へ送るための行事。



8月の花火も 精霊へ向けてのもので、お盆の行事なのだそうです。


なるほど~。知らなかったです(*^。^*)


(写真は、昨年習った時のものです)


[PR]
by takahashi-tategu | 2011-07-15 15:36 | Comments(0)

砂丘館




七夕で1年通った、季節のしつらい教室を卒業しました。



季節のしつらい教室は、新潟市の海に近い 『砂丘館』 という 日本銀行支店長のお宅だったところで、行われています。



毎月1回、この教室に通うのが、本当に楽しみでした。




すこし離れた、古町に車をとめて




ネルソンの庭で、季節の花々を見て・・・・・・
高橋建具のブログ



どっぺり坂をのぼって・・・・・・・


f0375580_17070389.jpg





砂丘館に到着します。

f0375580_17070376.jpg





玄関を入ってすぐのところの洋間の雰囲気がとても素敵です。

f0375580_17070361.jpg




砂丘館の絶品の簾戸。

f0375580_17070304.jpg



縄の後がついた本煤竹。


f0375580_17070401.jpg




10時から12時の2時間。いつもとは違う、ゆったりとした時間が流れて、昔の公家になったような気分で、優雅にしつらいを楽しみました。



毎回、教室の最後に出して下さる お菓子とお茶も 珍しいものばかりで、とても美味しかったです。




しつらいは、陰陽五行などと聞くと、難しいものだと思っていましたが、


季節を楽しみ、季節の恵みに感謝して、家族の健康を気遣い、祖先を大事にする


温かい感謝の行事だと思いました。 






帰りに、どっぺり坂の下のお店でお花を、


オルタさんでパンを買うのも楽しみの1つでした(*^。^*)






[PR]
by takahashi-tategu | 2011-07-01 14:45 | Comments(0)