翠涛茶会


f0375580_20425164.jpg
4月29日は、新発田の清水園で「翠涛茶会(すいとう)」が行われました。
石州流だけのお茶会です。

私が習っている社中は「舞台の間」という、正面に池のある景色の良い
二間続きの大きなお部屋でした。
部屋の真ん中でお点前をするので、お正客様がすぐ前に、そしてお客様が左右ぐるりと囲む
なんとも緊張感満載のお部屋です。

f0375580_20525062.jpg
私は、初の水屋担当で茶碗の洗い方、温め方を教わりました。
思ったより大変でしたが、とても勉強になりました。

淡い新緑が美しく、暑くもなく、寒くもなく
春のお茶会は本当に良いものだな~~としみじみ感じました。


f0375580_21044947.jpg
建具店、勤務としては普段しまっている戸が開いていて
戸の裏や、茶室の中がのぞけるので
見たいところが沢山ありましたが、お茶会はやはり忙しく・・・
見れずじまいで終わり残念でした。





[PR]
by takahashi-tategu | 2017-04-30 20:35 | 茶室・茶道 | Comments(0)


手仕事に遊ぶ錦秋で初お披露目した「屏風仕立ての茶室」のレンタルを開始します。
サイズは以下の通りです。
f0375580_18241888.jpg

着物など和のイベントに、お客様のおもてなしにどうぞお使い下さい。

f0375580_18280886.jpg
f0375580_18283552.jpg
花釘と軸釘がついています。小さめの花籠や、お軸がかかります。

f0375580_10583183.jpg
炉は簡易的な置き炉です



1つ前のブログでもご紹介しましたが、お軸をかけて釜を置くとこんな感じです。
3人座ることができます。
f0375580_20285144.jpg


レンタルご利用方法
【料金】
しばらくは、使ってみたご感想をお聞きしたいので、実質送料のみでレンタルします。
ただし、預り金として1万円頂き、返却時、破損がなければお返しします。

送料:*新発田・新潟近辺(往復)5000円

   *遠方はクロネコヤマト 家財らくらく宅急便着払いにて
    目安:配達先・東京 16,794円x2=33,588円(往復)
   (屏風と床の間のセットはEサイズ(三辺合計350cm)
    畳2枚はDサイズ(三辺合計300cm)になります)
    *家財らくらく宅急便の運賃はこちらをご参照下さい
    https://form.008008.jp/mitumori/PKZI0100Action_doInit.action

◎貸し出し期間は1週間です 




【屏風仕立ての茶室コンセプト】

このセットは、「マンションの一室に、大げさにならず、でも良いの素材と職人の
手仕事で丁寧に作った茶室の空間が欲しい。」というお客様のご希望から生まれました。

「マンションの白い壁紙にお軸をかけてもどうも雰囲気がよくないのよね・・・」
「季節の花をちょっと飾るところがあれば・・・」
「日常を隔てるやわらかな結界のようなものに囲まれて落ち着いた一時を過ごせれば・・・」

そこで、あえて大きな箱になる簡易茶室ではなく、3枚の屏風と床の間のセットにしました。

屏風は、茶道口の入口の太鼓襖と同じ製法で、紙を何枚も張り重ねてふんわりと仕上げています。
紙蝶番でつなぐ上等な作りです。紙なので3枚持っても軽いです。

小さな障子は、手漉きの内山和紙を張っています。透明感があり美しい紙です。
障子からの四季折々の光のうつろい、朝の光の清々しさ・・・などを
感じてもらえたらと、少し上の方に1つつけました。

床の間は一人で持てるよう小ぶりにしました。奥行きが10cmあるので床に少し
飾るスペースがあります。


使ってみて頂いて、改善していければと思います。
どうぞ貸し出しご希望の方はお気軽にお声掛け下さいませ。




[PR]
by takahashi-tategu | 2016-11-08 11:56 | 茶室・茶道 | Comments(0)

前回は、茶室の「茶道口の引手の高さ」 について書きました。
http://tategucafe.exblog.jp/26036482/


今回は、茶道口の引手の「形」についてです。

引手の形は議論多き箇所で、席側と水屋側、形を変えるか変えないか? 
が問題になります。*最初にお伝えしておきますが、やり方は1つではありません。


形を変えるとは、引手の下の部分が「襖と平らになっている」「襖から引っ込んでいる」
この違いです。

平らの方が、席側になり「塵落とし」(塵が落ちる)、引っ込んでいる方が、水屋側となり「塵受け」などど
呼ばれます。

茶道口の図面と完成写真2枚。

f0375580_16150760.jpg


f0375580_15142420.jpg
席側↑ 塵落とし



f0375580_15144148.jpg


↑水屋側 塵受け







弊社で昔からやっている方法は、上記のものとは違います。
下図のように、「どちらも塵落とし」で作っています。
塵はたまらない方が良いだろう、という考えからです。

f0375580_16382136.jpg
f0375580_17103174.jpg
↑席側(塵落とし)


f0375580_17101260.jpg


↑水屋側(塵落とし)







もう1つあります。

f0375580_16453181.jpg
どちらも同じ高さにして、塵落としと塵受けとする方法です。
これなら、塵受けとなっても意味があるだろう・・というのが弊社社長の考えですが・・。



どれが正解というのではなく、弊社でもどれもやった事があります。

「おすすめは?」聞かれる際は、「先生の家と同じ方法が良いようです。」と答えています。
目が慣れていてしっくりくるからです。




[PR]
by takahashi-tategu | 2016-09-23 17:06 | 茶室・茶道 | Comments(0)


茶室の茶道口は、紙を両面くるむようにして張る「太鼓襖」がよく使われます。

引手(手がかかるところ)の位置は、襖の下地となる骨組みで決まります。

茶道口のスタンダードな大きさは、 幅は2尺2寸(666㎜)か2尺(606㎜)。
高さは5尺(1515m)。

骨組みは、縦2本、横13本。
均等に割って、その5段目が席側、6段目が水屋側の引手となる事が多いようです。

(下から何ミリの位置に、という事ではなく、骨組みの何段目か?で引手の高さは自ずと決まります。)


f0375580_14431193.jpg




(補足)
・両面同じ高さにすることもあります。

・上記のような昔ながらの寸法ですと、引手の大きさも品よく決まりますが、
 現代は家の構造上、襖が大きくなることもあります。
 その際は、引手の大きさを勘案して骨組みを考えます。
 (縦にもう1本入れて3本に。etc)




[PR]
by takahashi-tategu | 2016-09-23 15:18 | 茶室・茶道 | Comments(0)

お茶会 in清水園

4月29日は、お茶会でした。



私も公民館で習っている、石州流のお茶会。



着物でのお茶会は、はじめてだったので、準備が大変でした。。。


母親の着物をあてにしていたのですが、丈、幅ともに足りず断念。


急きょ、いとこに借りました(●^o^●)



着付けも、このお茶会までにできるようになっている予定・・・・


でしたが、まだ全然できず、知り合いのパーマ屋さんにしてもらいました。



やっぱり、プロの着付けは、苦しくないのに、びしっと決まっていて、


1日来ていても、着くずれしなくて、さすがだな~と思いました。




ただ、1つ。草履だけ、母親のものを借りていったのですが、足が4cmくらいでて


大変でした。なんで、こんなに足が大きくなってしまったんでしょうか。。。




清水園↓ 晴れて、暑くもなく寒くもなく最高の日


高橋建具 建具やカフェ通信





着物の方が沢山。石州流でも、色々あるそうです。


三席ありました。


f0375580_17093895.jpg





やっぱり建具に目がいきます。


和紙、桟の真ん中でなく、少しずらして張っていますね。


昔のゆがんだ硝子もいい感じです。

f0375580_17093925.jpg




池の鯉もいつもより多いような。


金、銀、赤・・・

f0375580_17093940.jpg




清水園はお庭がいいですね。


待っている間、散策。


着物を着ていると、女優さんになったような気持ち。

f0375580_17093985.jpg




庭師さんが、今日のために、きれいに整えたお庭。


f0375580_17093946.jpg




中学1年生の女の子の、お手前デビューの席にちょうど出ることができました。


お人形さんのようで、初々しくてとても可愛かったです。




お道具拝見で、あこがれの楽茶碗を触ったのもうれしかった!


あとは、正客の方が色々聞いていたのですが・・・覚えられず・・・


私も、早く 「ほう~これが。」 など、言ってみたいです。 




温かくて、和やかで、でも、武士のお茶、石州らしくきりりとした、とてもいいお茶会でした。








[PR]
by takahashi-tategu | 2013-05-02 10:59 | 茶室・茶道 | Comments(0)

盆手前

昨日は、お茶の稽古でした。



4月からはじめて、7ケ月目。



割り稽古から続いて練習してきた盆手前を卒業することになりました。


上手になったと褒められて、とてもうれしかったです。



お稽古をするようになって、物に手をそえる、など 普段のしぐさも


おしとやかになってきました。





10月7日(日)は、市民茶会です。


http://www.city.shibata.niigata.jp/view.rbz?nd=1619&ik=1&pnp=1615&pnp=1619&cd=3437



f0375580_17085583.jpg





私の習っている公民館のグループは、池の向こうにある4畳半の茶室


でやります。



新発田は沢山、お茶の会があるので、清水園を全部、そして


となりの足軽長屋も使い、盛大に茶会が行われるそうです。





昨日、簾戸と障子を交換にいったお宅も、お茶会に出すお道具を


そろえたり準備をしていました。






やる側になるのははじめてなので、とても楽しみです。


下駄箱係と水屋のお手伝いをする予定。


がんばるぞ(^O^)/








[PR]
by takahashi-tategu | 2012-10-05 09:47 | 茶室・茶道 | Comments(0)

大徳寺② 高桐院

f0375580_17082214.jpg





f0375580_17082398.jpg





f0375580_17082396.jpg





f0375580_17082307.jpg





f0375580_17082383.jpg







f0375580_17082387.jpg





f0375580_17082482.jpg





f0375580_17082450.jpg






f0375580_17082483.jpg




f0375580_17082430.jpg






f0375580_17082498.jpg












f0375580_17082540.jpg






f0375580_17082575.jpg










f0375580_17082578.jpg





f0375580_17082650.jpg





f0375580_17082664.jpg






f0375580_17082669.jpg





f0375580_17082628.jpg







f0375580_17082742.jpg






f0375580_17082756.jpg


[PR]
by takahashi-tategu | 2012-08-29 14:39 | 茶室・茶道 | Comments(0)

大徳寺① 瑞峯院



f0375580_17082861.jpg





f0375580_17082806.jpg













f0375580_17082857.jpg





f0375580_17082948.jpg





f0375580_17082960.jpg













f0375580_17082928.jpg





f0375580_17082936.jpg





f0375580_17083027.jpg






f0375580_17083098.jpg







f0375580_17083001.jpg





f0375580_17083177.jpg









f0375580_17083171.jpg



広いお寺なのですが、何もかも、細部にわたり


とても美しい。


なんなんだ、この美しさは。


目を向けるたびに、やられっぱなしです。












f0375580_17083112.jpg






f0375580_17083107.jpg









f0375580_17083263.jpg






f0375580_17083295.jpg








f0375580_17083271.jpg








f0375580_17083283.jpg







f0375580_17083359.jpg





f0375580_17083311.jpg






f0375580_17083377.jpg












高橋建具 建具やカフェ通信





f0375580_17083773.jpg







f0375580_17083726.jpg






f0375580_17083768.jpg






f0375580_17083833.jpg











茶室を前にすると、ああ、と声がでて、目頭が熱くなりました。




お寺の方に採寸してもいいですか?と聞いたら、どうぞ、と


言ってくれました。




最初、水屋の前に結界がおかれていて中には入れなかった


のですが、水屋のあたりを採寸していたら、通りがかったお寺


の方が、中もどうぞ、と見せてくれました。




そして、寸法をとるのもいいけど、毎月28日にお茶会をしている


ので、お茶会にでてみるのが一番だよと教えてくれました。




どなたでもどうぞ、というお茶会なのだそうです。


着物でなくても良いとの事。




お茶は心を安らかにするもの。



決まりが沢山あって、難しくて・・というものではない。




最初に安勝軒を訪れて本当に良かった。


お坊さんにもとても優しくしてもらい、大好きなお寺、お茶室となりました。





まだ大徳寺には、お寺が沢山ある。


しかし、1件目で、もう大満足で、胸いっぱい。





とりあえず、ランチをして休憩することにしました。


[PR]
by takahashi-tategu | 2012-08-29 13:15 | 茶室・茶道 | Comments(0)

京都 茶室研修旅行1日目





まずは京都タワー



f0375580_17083938.jpg








イノダコーヒーにて朝食



f0375580_17083911.jpg







祇園を通って・・



高橋建具 建具やカフェ通信




f0375580_17084328.jpg










四条大橋からの眺め


京都の夏といえば、川床!



f0375580_17084394.jpg









南座では山田洋次監督の特集をしていました。



f0375580_17084410.jpg










縁切り神社



f0375580_17084488.jpg




f0375580_17084400.jpg


パグににている可愛い狛犬。







バスで銀閣寺へ



f0375580_17084454.jpg






f0375580_17084551.jpg






f0375580_17084515.jpg




f0375580_17084500.jpg




f0375580_17084685.jpg





f0375580_17084635.jpg









スマートにてランチ



f0375580_17084626.jpg








一保堂



f0375580_17084664.jpg





f0375580_17084750.jpg









清明神社



f0375580_17084771.jpg






f0375580_17084765.jpg








念願の楽美術館



f0375580_17084838.jpg






f0375580_17084864.jpg



憧れのの楽吉佐衛門さんの茶碗。


実物を目の前にして、「今は、このお茶碗の気分じゃないな。」


と思うものもあった。





それも面白い。





そんな風に自由に感じればいいんだ。お茶碗も茶道も。




ちょうど、「親子で見る展覧会  シリーズ樂ってなんだろう


季節を感じよう! 夏と茶の湯」 という展示会をしていて、


それでいいのだと楽吉佐衛門さんが教えてくれた。










長江家住宅 

f0375580_17084885.jpg












檸檬の八百卯



f0375580_17084878.jpg














































[PR]
by takahashi-tategu | 2012-08-27 20:08 | 茶室・茶道 | Comments(0)

京都・茶室研修旅行

8月25・26・27日 京都へ、茶室研修旅行へ行ってきました。



研修旅行といっても1人でいったのですが・・



会社で茶室の建具を作っていて、建具は詳しくなってきたのですが、「茶室」となると


よくわからないままでした。


本を見ても難しくて?な感じで・・・。



ある本に、茶室を学ぶなら大徳寺からと書いてあり、



「とりあえず、大徳寺へ行こう!」



と思い立ち、今回の1人茶室研修旅行となりました。





1日目は、高校時代の友人が今は滋賀で結婚して住んでいるので、


久しぶりの再会と、旦那様も一緒にあちこち連れて行ってもらいました。



やっぱり地元の人が一緒だと沢山まわれるし、歩いていくので街が見れて


いいですね。美味しい喫茶店やおすすめのお茶屋さんなど。すごくよかった!!



茶道関係では、楽吉左衛門さんの楽美術館へ行きました。






2日目は、大徳寺を1日じっくり見ました。






3日目は、茶室研修旅行第一回ということで、


表千家・裏千家のある堀川寺之内へ行きました。






1日目から、次のブログで詳しくレポートします。


[PR]
by takahashi-tategu | 2012-08-27 19:18 | 茶室・茶道 | Comments(0)