建具の向こう

今日、新発田出身の版画家・林美紀子さんが会社に


来て下さいました。




f0375580_17101843.jpg



今年の日本橋の簾戸展示会に立ち寄って下さって、


同じ新発田ということもあり、林さんの作品を建具に・・・・


という事になりました。





試作品を最初に見たときは、全く想像とちがって


どう言ってよいか?わからなくなってしまった


のですが、ずっと見ているうちに、じわじわ、いいな~と


思いました。





こんな時、言葉を知らないでどう表現してよいか


困るのですが・・・




林さんはフレスコ画に使う青い絵の具を、この木に


選んでくれました。





一枚の板が、林さんの作品が加わり、時間も空間も


広がったような。




その板は、もうすでに持っていたその広がりを


林さんの作品が、そっと教えてくれたような。





これが建具になって、外の空間とあわさった時、きっと


私たちを、色々なところへ連れて行ってくれますね。




少し話が飛びますが、以前、簾戸に関する俳句を募集したことがあって、


そこで、「結婚式をしたところが、海辺の簾戸がある旅館で、簾戸を見ると思いだす」


という俳句がありました。




そんな風に、建具は、時空もこえて。




小さい頃、ドアの向こうはアフリカ!と妄想して遊んだように。




建具の向こうが裏なのか表なのか。




「建具の向こう」に、それぞれの人が、それぞれの何かを感じる。




そんな建具の新たな可能性を感じた日でした。


[PR]
Commented by 洋子☆主婦の貧乏脱出物語☆ at 2014-12-31 20:37 x
少しでも交流ができればと思ってコメントさせていただきます。ここのブログの雰囲気が好きです。これからも更新がんばってください!!時間があれば私のブログにも遊びに来て下さい ☆

by takahashi-tategu | 2014-12-30 12:43 | Comments(1)