ワークショップ 格子戸① 材料について



2回の簡素建具ワークショップ は、『格子戸』 でした。




建具、家具の職人さん、建築士さん、自然素材を扱うお店の方、学生さんと名のご参加。


遠いところから来て下さった方もいらっしゃって、ありがとうございました。




ワークショップの様子を、100%自然素材主義の眞次さんが記事にして下さいました。


とても素敵な記事で、社長も「こんなにいいこと言ったかな?いいね~。」感激していました。ありがとうございました!




http://www.100percent.co.jp/lab/report_view/436














以下、ワークショップのやりとりの記録です。








まずは、 格子戸に使う材料の話。





4種類の材料を当ててみよう! と、匂いをかいだり、色や木目を見たりして、


予想しました。





f0375580_17101112.jpg







答えは、





米ヒバ


青森ヒバ


スプルス


木曽ヒノキ   の4種類でした。 





特に、玄関に使う時、雨風があたるので、水に強い木材の米ヒバ、青森ヒバ・木曽ヒノキを使います。強度もあり、腐れにくい材料です。


ヒノキは色々な所でとれますが、良いものとしては、木曽のヒノキを使います。


台湾ヒノキもあります。これは、日本のヒノキよりも匂いが強いのが特徴です。


青森ヒバは、殺菌効果があります。お寿司屋さんのまな板を頼まれるときは、青森ヒバを使います。


[PR]
Commented by 賃料削減コンサルタント藤木 at 2014-11-01 19:01 x
初めてコメさせて頂きます(*^_^*)他の方のブログを読むのはやはり面白いですね☆ではまた訪問させてください(_≧Д≦)ノ彡☆♪

by takahashi-tategu | 2014-09-25 09:42 | ワークショップ | Comments(1)